シナカンゾウ

支那萱草

単子葉、 ユリ科、 ワスレグサ属、球根植物、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:約90センチ
別名:ホンカンゾウ
ノカンゾウ の近縁種であるが、
・花の赤みが強く、花被片が7センチとやや大きい。
・花筒が短い(ノカンゾウは約4センチ)。
・葉の幅が約3センチある(ノカンゾウは約1.5センチ)。
などの違いがある。 ノカンゾウも参照されたい。
葉は剣状で長さ50〜80センチ、幅3センチあり、根生する。
花茎を直立させて、漏斗状で花冠の6裂する花を咲かせる。 花色は橙赤色〜赤色である。 一日花であるが、茎先にいくつもの蕾が用意されていて、 次々と咲く。
ほとんど結実しない。
生薬として利用される。
中国原産。

(2017/6/6)


花冠は大きくて6裂する。(2017/6/6)


(2017/6/6)


葉は剣状で根生する。(2017/6/6)


(2015/5/6)


花茎には蕾がいくつも用意されている。(2017/6/6)


花の筒部が短い。(2017/6/6)


ノカンゾウ。花の筒部が長い。(2016/8/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る