ササガヤ

笹茅

単子葉、 イネ科、 アシボソ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:20〜70センチ
アシボソ と似ているが、それより小さく、葉は広披針形で、 花序枝の数は多い。
半日陰の場所などに生える。
茎は細くて横ばいし、下部は地面で分枝して節から根を出し、 上部は斜上する。
葉は長さ3〜7センチの卵状披針形で、両面とも無毛であるが、 葉鞘の縁に白毛があり、葉は軽く波打つ。
茎の上方に、長さ4〜6センチの花序枝を3〜6本互生状に出す。 花序枝には、柄の短い小穂と長い小穂が対となって同じ所につき、 その対が互生状に並ぶ。 小穂は長さ3ミリ強で、長さ6〜8ミリの細い芒があり、 基部には短毛がある。
果実は淡褐色で、長さ1〜2ミリの長楕円形である。、

(2017/6/6)


茎は斜上し、葉は卵状披針形。(2017/6/6)


葉身は少し波打つ。(2017/6/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る