ラッキョウ

辣韭、辣韮

単子葉、 ユリ科、 ネギ属、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜11月
高さ:40〜50センチ
別名:オオニラ
砂地など、水はけのよい所を好む。
細長い中空の葉を地中から数本のばす。
初夏に分球して、白い卵形の鱗茎が5〜10個できる。
盛夏には休眠するが、涼しくなると芽が出て、 直立する花茎の先に小さい紫色の6弁花が散形状に咲くが、 種はほとんどできない。
夏に鱗茎を植え付けて、 翌年の初夏に分球した株を収穫する。 初冬に早採りしたものはエシャレット(和製外語)として食用にされる。 (エシャロット は小さいタマネギのような別の作物である。)
鱗茎には刺激臭と辛味があり、食用となる。

(2015/9/29)


蕾は膜をかぶっている。(2016/9/28)


展開し始めた蕾。(2015/9/29)


葉は中空で細く、根元は赤みを帯びる。 (2015/9/29)


(2016/9/28)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る