エシャロット


単子葉、 ユリ科、 ネギ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:50〜80センチ
別名:ベルギー・エシャロット
やや細長い小さい タマネギ のように見えるが、 中で分球していて、薄紫色の皮に包まれた鱗茎が数個ある。 全体はタマネギのように、淡褐色の薄い皮に包まれている。
葉は根生し、中空で細い。
9月〜10月に種まきして苗を作り、 11月〜12月に定植して冬を越させ、 初夏に収穫する。
6月頃、茎先の散形花序に白または紫色の花が咲く。
西洋料理で香味野菜として使われる。
日本でエシャレットと言われているものは、 若採りラッキョウで、エシャロットとは異なり、 まぎらわしいので、間違いを防ぐためにエシャロットは ベルギー・エシャロットと言われることもある。
刮ハができる。
中東原産。



(2017/10/18)


葉は中空で、直径3〜4ミリと細い。基部が紫色を帯びる。(2016/5/5)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る