オオイトスゲ

大糸菅

単子葉、 カヤツリグサ科、 スゲ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:20〜50センチ
別名:シロイトスゲ
よく似た イトスゲ より雄小穂も雌小穂も大きい。
地下に匍匐茎があって叢生する。 茎には鈍い3稜がある。
茎は30〜50センチあって直立する。 葉は長さ10〜20センチ、幅2〜3ミリの線形で、直立する。 根元の葉は淡黄褐色の葉鞘に退化している。
数本の小穂が間隔をおいて出て直立する。 頂小穂は雄性であり、1.5〜3センチの棒状で、 淡褐色の雄しべが垂れ下がる。数個の側小穂は雌性であり、 細い円柱状で、果胞が密にならぶ。 側小穂の付け根からは苞が斜上する。
果胞は卵状長楕円形で、先にくちばし状の突起がある。
地域による差異がある。 地域差かもしれないものの1つを シロイトスゲ として記載している図鑑もあるが、オオイトスゲとの区別は明確でなく、 シロイトスゲをオオイトスゲの別名とする意見もある。



茎先に棒状の頂小穂があり、その下方に円柱形の側小穂が数個ある。(2017/4/17)


側小穂は雌小穂


側小穂の基部には線形の苞がある。


雌小穂が数個ある。


頂小穂は雄小穂


雄小穂から花粉が出ている。





シロイトスゲ


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る