ムラサキオモト

紫万年青

単子葉、 ツユクサ科、 ムラサキオモト属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:20〜30センチ
別名:シキンラン(紫金襴)
葉が オモト に似ているが、 それとは科が異なり、 ツユクサ科 の観葉植物である。
寒さには弱い。
広線形の葉が根生する。 葉表は紫がかった緑色であるが、 葉裏は赤紫色である。
夏に短い花柄が出て、船形に合着した紫色の苞がつき、 その中から白い小さな花が顔を出す。 花弁は3枚ある。
1つの花が終わると楕円形の果実が苞の中にできて、 次の花が咲き始める。
西インド諸島、メキシコ原産。

(2018/10/20)


広線形の葉が根生し、葉表は紫がかった緑色、葉裏は赤紫色。 (2018/10/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る