クサヨシ

草葦

単子葉、 イネ科、 クサヨシ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:7〜1.8メートル
地下茎でふえて湿地に群生し、茎は直立する。
葉は20〜30センチの線形で、柔らかくてざらつく。
長さ10〜15センチの細長い円錐花序に、白緑色で扁平な小穂のついた短い枝をつける。 花序は最初円柱状で直立するが、やがて少し散開し、実るとまた円柱状になる。
水質浄化能力がある。

穂は最初円柱状に直立する。


少し散開した穂。葯が出ている。


(2017/6/29)


(2015/6/13)




黒穂病で小穂が黒く細長くなることがよくある。(2015/6/13)


葉は柔らかい。


葉舌がある。




茎も穂も直立する。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る