コスズメガヤ

小雀茅

単子葉、 イネ科、 スズメガヤ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜40センチ
踏まれると横倒しになって立ち上がるが、踏まれなければ直立する。
葉は3〜10センチの線形で、葉の基部に長い毛がある。 (ニワホコリの葉の基部には毛がない。)
円錐花序で多数の枝を1本ずつ出し、柄のある4〜8ミリの小穂をまばらにつける。 小穂は黄緑色で細長く、先がとがり、小花が左右交互に密着して並ぶ。 芒はない。
果実は約0.5ミリの広楕円形で褐色である。



細長い小穂には、十二単の襟元のように小花が重なり合って並ぶ。(2016/8/6)


花軸は少しジグザグとなる。(ニワホコリではまっすぐ)




果実は褐色となる。(2016/12/3)


種が落ちる。(2016/11/20)


葉の基部に毛がある。


踏まれても立ち上がる。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る