キキョウラン

桔梗蘭

単子葉、 ユリ科 (最近はススキノキ科)、 キキョウラン属、球根植物、常緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:80〜150センチ
海岸近くの林縁などに生える。
太い根茎が地下を横にのび、根をいくつか下ろす。
葉は革質の線形で、長さ40〜50センチ、幅15〜20ミリあり、 中脈は裏に隆起する。 根生する葉は左右交互に出る。茎葉は花茎を短く抱く。
花茎は高くのび、枝数の少ない円錐花序に、 淡紫色〜青紫色の花をまばらにつける。 外花被片が3枚、内花被片が3枚あり、先は少し反り返る。 花は横向きないし下向きに咲き、花被片には不明瞭な縦筋がある。 雄しべは6本あり、葯は黄色い。
果実は直径約1センチの少しいびつな球形の液果で、青紫色である。
葉に縦縞のある斑入り品種もある。

(2017/5/19)


根生する葉は左右交互に出る。(2017/5/19)


茎葉は茎を短く抱く。(2017/5/19)


青紫色の果実ができる。(2017/6/6)


果実はすこしいびつな球形。(2017/6/6)


未熟な果実。(2017/5/19)


(2017/6/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る