ケナシサルトリイバラ

毛なし猿捕茨

単子葉、 ユリ科、 シオデ属、球根植物、つる性、落葉、低木(多年草)。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:
サルトリイバラ に似ているが棘がない、葉が長卵形、果実が黒紫色、 などの大きな違いがあり、異なる植物である。
細いつるが長くのび、葉柄基部から巻きひげがでる。
葉は全縁の長卵形で、先は鈍くとがり、基部は心形となり、 3脈が明瞭で、互生する。
葉腋から散形花序が出て、白い小花を多数つける。
球形の液果ができて、黒紫色に熟す。
根塊を山帰来(サンキライ)という生薬として使う。
中国から渡来したもので、日本には自生していない。

都立薬用植物園にて。(2017/6/6)


葉腋から出る散形花序に蕾がつく。 (2017/6/6)


葉は全縁の長卵形。 (2017/6/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る