カニツリグサ

蟹釣草

単子葉、 イネ科、 カニツリグサ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:40〜70センチ
地下茎は短く、茎は束生する。
葉は10〜20センチの線形で、茎の下部に多くつき、上部では まばらになる。上部の葉の裏は無毛であるが、下部の葉では毛が多い。
茎先に長さ10〜20センチで先の垂れる細い円錐花序を立て、 長さ6〜8ミリの小穂をつける。小穂は長くて外側に反る芒をもち、 光沢があって、熟すと黄褐色になる。
カモジグサ に似ているが、全体に柔らかく、花序が細く、 花穂は毛が多くて黄褐色になる点が異なる。







単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る