ハトムギ

鳩麦

単子葉、 イネ科、 ジュズダマ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1〜2メートル
ジュズダマ の栽培種と考えれており、ジュズダマは多年草であるが、 ハトムギは1年草である。
畑でも水田でも栽培できるが、水田の場合は直蒔きでなく、 苗を作ったあと植え付けた方がよい。
根元で分枝した茎が束生する。
葉は互生し、長さ30〜60センチ、幅2〜4センチの披針形で、 縁がざらつき、基部は葉鞘となって茎を抱く。 茎の上の方にまで葉がつく。
茎の上部の葉鞘から出る花序が柄を数個だし、各々の先に壺形の 苞鞘をつける。苞鞘の先から雄しべなどを出し、 種子は苞鞘の中にできる。熟すと苞鞘は茶褐色になる。 花序はハトムギでは上を向くが、ジュズダマでは垂れ下がる。
苞鞘はジュズダマより柔らかく、中身の種子は食用になる。 他の穀物くらべ、蛋白質や脂質が多く、澱粉はもち系である。 炒ったものはハトムギ茶として利用される。
東南アジア原産。



苞鞘は壺形で茶褐色となる。


雄花などは苞鞘の先から出る。


(2017/7/29)


黄色い葯の見えているのが雄花。(2016/7/28)


白いブラシ状のは雌花の花柱。(2016/10/15)


茎は束生し、葉は幅広。(2015/7/2)


茎はぶんけつして直立する。(2016/7/28)


茎は太くて固い。


高さは1〜2メートルとなる。 (2018/9/19)


果実がたくさんできる。(2015/9/29)


白いのは不稔粒。不稔粒の少ない品種もある。 (2018/10/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る