ハスイモ

蓮芋

単子葉、 サトイモ科、 サトイモ属、夏緑(原産地では常緑)、多年草。 用語説明
花期:夏 
高さ:1〜2メートル(原産地では3メートル)
別名:リュウキュウ
サトイモ と似ているが、根茎が小さく、葉柄が多孔質であること、 などが異なる。
根茎はあるが小さくて固く、食用にならない。
地上部は全体として淡緑色である。 葉は束生し、 葉柄(葉軸)は太い多孔質で、1メートルいぐらいにのびる。
葉身は盾状で少し切れ込みがあり、 最も幅広のあたりに葉柄が傘の柄のようにつく。 葉身の長さは1メートル近くになる。 表面は滑らかで水をはじく。
白い仏炎苞に覆われた白い肉穂花序をもつ花の咲くことがある。
葉柄を水にさらしてあく抜きし、食用とする。 よく乾燥させると長期保存できる。
東南アジア原産。

(2017/9/10)


太い葉柄が放射状になるように根生する。(2017/9/10)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る