アゼガヤ

畔茅

単子葉、 イネ科、 アゼガヤ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:30〜70センチ
茎は根元で分枝して少し這って、根を下ろしてから斜上する。 葉は長さ7〜15センチ、幅3〜8ミリの線形で互生し、無毛で薄く、 緑白色を帯びる。
茎先に15〜40センチの花序を直立させ、 細い花序枝をまばらに斜め上または横向きに出す。 全体としてはまばらな円錐状となる。 花序枝には赤紫色の小穂が下側にほぼ2列に並ぶ。 小穂は長さ2.5〜3ミリで、5〜7個の小花があり、 芒はない。
果実は長さ1〜1.5ミリの楕円形である。

特徴の明確な写真に変更。(これはトダシバかもしれない。)(2015/10/27)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る