ユキノシタ

雪の下

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 ユキノシタ属、常緑、耐寒性宿根草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:20〜30センチ(花茎)
走茎(ランナー)でもふえて群生し、半日日陰で育つ。 水場の近くなどに生え、肥料は必要としない。
葉は根生し、葉柄があって、3〜6センチの腎円形で鋸歯があり、 厚くて柔らかい。 表面は葉脈とその付近が白く、裏面には赤褐色の毛がある。 表面の脈間が暗緑色になることがある。
初夏に円錐花序をたて、白い花を多数下向き気味につける。 5枚の花弁のうち、上3枚は小さくて濃紅色の斑点があり、 下2枚は白くて上のより数倍長い。
結実しにくいが、 短い角(つの)が2つくっついたような刮ハができる。

(2015/5/16)


葉は腎円形で鋸歯があり、葉脈の上が白い。(2016/4/22)


白い5弁の花は下の2枚が長い。(2015/5/16)


上の花弁3枚には、濃紅色の斑点がある。(2015/5/16)


萼は5枚ある。(2015/5/16)


花茎が高くのびる。(2015/5/16)




果実のできはじめ。(201/5/16)


細いランナーをのばしてふえる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る