ヨモギギク

蓬菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ヨモギギク属 花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.7〜1.3メートル
別名:タンジー、エゾヨモギギク
地下茎でふえて群落を作る。
茎は直立し、基部には赤みがあり、先端近くで分岐する。
長さ15〜25センチの羽状複葉が互生し、 裂片は7〜8組あり、それらがさらに裂けて、 櫛の歯状となる。
茎先の散房花序に、黄色い筒状花のみの直径約1センチの頭花が咲く。 頭花は外側から咲いて外周が盛り上がり気味となり、 洋服のボタンに似ている。
そう果ができる。
樟脳に似た香りが強く、強い毒性があって殺菌、防虫などに使われるが、 生薬としても使われる。
ユーラシア大陸原産

頭花は真っ黄色で平たい。(2015/7/2)


(2016/7/27)


(2015/7/2)


蕾。(2016/9/28)


葉は2回羽状複葉で、小裂片は櫛の歯のようになる。(2015/9/29)


2回羽状複葉が密に茂る。(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る