ヤマニガナ

山苦菜

双子葉、合弁花、 キク科 アキノノゲシ属、舌状花のみ。1〜2年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:0.6〜2メートル
茎は高く直立し、緑色で粗毛がある。
葉は先のやや尖った卵形〜楕円形で、鋸歯があり、 葉柄に狭い翼があって、互生する。 葉裏の葉脈にも毛があり、切ると白い乳液が出る。 下部の葉には羽状に裂けるものがある。 茎葉には細長いものもある。
茎の上方で分枝し、細い円錐花序に舌状花のみの 直径約1センチの黄色い頭花を多数上向きに咲かせる。 細長い総苞は長さ約1センチで、舌状花は8〜10個ある。
総苞は花後に丸くふくれ、白い冠毛のついたそう果が出てくる。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る