ヤマモモソウ

山桃草

双子葉、離弁花、 アカバナ科、 ガウラ属、多年草。 用語説明
花期:春〜秋、5月〜10月
高さ:1メートル
別名:ハクチョウソウ(白蝶草)
茎は直立して少しだけ分枝する。
葉はへら状で、葉柄がなく、互生する。
茎先の長い総状花序に直径2〜3センチの白色か桃色の4弁花をつける。 雄しべは8本あって長く、花柱はそれより長い。 1日でしおれる。
刮ハがつく。
北米原産。



菱形状の花弁が4枚あり、雄しべが長く、花柱はそれより長い。


萼は反り返る。(2017/6/29)


よく茂る。(2017/6/29)




葉はへら形で互生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る