ヤマハハコ

山母子

双子葉、合弁花、 キク科、 ヤマハハコ属 花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:30〜70センチ
種で殖えるばかりでなく、地下茎を横に長くのばすことによって 群生もする。
茎は直立し、あまり分枝せず、灰白色の毛が密生する。
葉は長さ6〜9センチ、幅1〜1.5センチの狭被針形で、 やや厚くて縁が少し下にめくれ、葉柄がなくて半ば茎を抱き、 互生する。 葉の表面にクモ毛があり、裏面は綿毛が密生して白い。
雌雄異株で、枝先の葉腋にに小さい頭花を散房状につける。 白い花弁のように見えるのは膜質の総苞片であって花後も残り、 舌状花はなくて黄色い筒状花のみがある。 両生花と雄花、雌花があり、雌花は雌株について結実するが、 他の花は結実しない。
長楕円形のそう果が実る。



茎も葉裏も綿毛が密生して白い(2015/4/29)


花は白い総苞片に幾重にも囲まれている。(2015/10/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る