ウイキョウ

茴香

双子葉、離弁花、 セリ科、 ウイキョウ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1〜2メートル
別名:フェンネル
肥大した白い鱗茎から淡緑色の茎が数本立ち上がり、 上部で枝分かれする。
糸状に裂けた3〜4回羽状複葉が互生する。 根近くの葉は長い葉柄を持つが、茎葉は葉柄が鞘状になって 茎を抱く。
枝先の複散形花序に小さい黄色い花が多数咲く。 花弁は5枚あって、内側に巻く。
長さ約7ミリの長楕円形で茶褐色の果実ができ、 熟すと2分果に分かれる。
果実は香辛料や生薬として使われる。
地中海地方原産。平安時代に渡来。



黄色い小さい花が複散形状に咲き、5枚の花弁は内側に巻く。(2016/7/27)


果実は長楕円形の2分果。


楕円形の果実が熟すと2分果に分かれる。(2016/7/27)


茎の上部では3〜4回羽状複葉の葉柄が鞘状になって茎を抱く。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る