ツルマオ


双子葉、離弁花、 イラクサ科、 ツルマオ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30センチ
林縁の湿り気のあるところを好む。
茎は細くて短毛があり、30〜50センチ地を這い、 先は少し立ち上がる。
葉は長さ3〜8センチの全縁の披針形で、基部は浅い心形となり、 3脈があって、葉柄はなく、対生する。
雌雄同株で、花は白黄色で茎を取り巻いて球状に集まり、 雄花序は上部の葉腋に、雌花序は下部の葉腋につく。 花弁は小さくて見えにくいが5枚ある。
そう果ができる。

(2015/10/28)


上部の葉腋に雄花序がつく。(2016/10/2)


(2016/10/2)


直立する茎に披針形の葉が対生する。(2016/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る