トウワタ

唐綿

双子葉、合弁花、 ガガイモ科、、 トウワタ属、1年草(原産地では多年草)。 用語説明
花期:夏〜秋
高さ:50〜100センチ
茎は直立する。
葉は被針形で対生する。
茎先と葉腋から出る散形花序に5弁花を多数つける。 蕾は赤い球形で、開くと中央に雌しべと雄しべの合着したずい柱が 現れ、そのまわりを黄色い小さい花のような副花冠がとりまく。 花弁は朱色となり、開ききると反り返って垂れ下がる。
細長い袋果を立て、熟すと裂開して、端に長い毛が多数生えた 茶褐色の扁平な種子が現れる。
熱帯アメリカ原産。

これはオオトウワタ(写真取り替え)


オオトウワタ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る