トキワマガリバナ

常磐曲がり花

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 マガリバナ属、常緑、秋まき1年草または多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:20〜30センチ
別名:イベリス
枝分かれして地を這って立ち上がる。光の方向に茎がまがりやすい。
葉はへら形〜線形で厚い。 互生するが、葉の間隔が狭くて、 対生しているように見えることもある。
茎先の散房花序に小さくて白い4弁花をつけ、花序が平らに広がる。 花弁は十字に開き、外側の2枚は大きく、内側の2枚は小さい。 萼片も4枚ある。
幅広で軍配形の短角果ができる。
地中海地方原産。



花は外側から咲く。花弁は十字に開き、外側の2枚は大きく、内側の2枚は小さい。


葉はへら形〜線形で、厚い。(2016/3/16)


蕾。頭花は茎先に単生する。(2016/3/16)


花後。茎がのびて果実ができはじめる。(2016/3/16)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る