トキホコリ

時ホコリ

双子葉、離弁花、 イラクサ科、 ウワバミソウ属、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:10〜25センチ
半日陰の湿った所に生える。
茎は斜上し、淡褐色で細くて細毛がある。
葉は無柄で互生し、 葉身は狭卵形で、左右非対称であり、粗い鋸歯がある。 葉裏の脈上には毛がある。
雌雄同株で、葉腋に淡緑色で頭状の花序がつき、 雄花は花被片と雄しべが4つあり、 雌花の花被片は3〜5個ある。
0.6ミリぐらいの楕円形の果実が深皿に盛られたような形の果実ができる。 その皿は緑色で、毛がある。
時ホコリのホコリは、「はびこる」の意味であるとのこと。
絶滅危惧種。

(2018/5/19)


葉は尖った狭卵形で、非対称であり、粗い鋸歯がある。 (2018/5/19)


茎は淡褐色で、細毛がある。葉裏の脈上に毛がある。 (2018/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る