タンジン

丹参

双子葉、合弁花、 シソ科、 アキギリ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:30〜80センチ
水はけの良い土地を好む。 根は細長くて赤みを帯びた円柱形である。
全体に軟毛がある。 茎は断面が四角で、根元で分枝したのち直立する。
奇数羽状複葉が対生し、小葉は先の尖った卵心形で、鋸歯がある。 小葉は長さ2〜6センチで、3〜5枚あり、基部が心形にへこむ。
茎先や葉腋から総状花序を出し、 長さ約2センチで青紫色の唇形花を数個輪生させたものを 10〜20段つける。 萼は赤褐色を帯び、毛がある。
果実は4分果で、各々は楕円形で黒い。
根を乾燥させたものを丹参という生薬として利用する。
中国東北部原産

(2016/10/15)


青紫色の唇形花が多段にわたって輪生する。(2016/10/15)


花茎は枝分かれすることもある。(2016/10/15)


奇数羽状複葉の小葉は尖った卵形で基部は心形にへこむ。(2016/10/15)


頂小葉が他より大きい。(2016/10/15)


花茎では、6〜8個の唇形花の輪生が繰り返される。(2016/10/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る