タチアオイ

立葵

双子葉、離弁花、 アオイ科、 タチアオイ属、1〜2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:2〜3メートル
茎は叢生し、高く直立する。
葉は互生し、掌状に5〜7裂し、浅い鋸歯がある。
直径約10センチの大輪の花が茎の上半の葉腋から出る花茎に数個 斜め上向きにつき、 下から上の葉腋へと咲きあがってゆく。 花の色は赤や桃色、白などいろいろで、 花弁が5枚の一重のほかに、八重もある。
雄しべが熟したあと雌しべの柱頭がのびる雄性先熟型である。
果実は扁球形の刮ハで、5裂する。
小アジア、中国原産。



花弁は5枚ある。(2017/6/29)




葉は葉柄が長く、掌状に5〜7裂する。


花芽。稜のある蕾が多段の放射状に密集する。


果実は偏球形。(2016/6/25)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る