スズムシバナ

鈴虫花

双子葉、合弁花、 キツネノマゴ科、 イセハナビ属、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30〜80センチ
木陰などに生える。 茎は4稜があって直立し、まばらに分枝する。
葉は長さ4〜9センチの広卵形で、鋸歯があり、 柄があって対生する。
枝先に柄のない漏斗状の花をいくつか頭状につける。 花冠は5裂し、萼も5裂する。 花冠は長さ3.5センチで、淡紫色〜赤紫色であり、 葉状で卵円形の苞がある。 朝開いて夕方しぼむ1日花である。
果実は長さ1.3センチの楕円形の刮ハである。

(2017/10/18)


葉は広卵形で鋸歯がある。(2017/10/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る