シロタエギク

白妙菊

双子葉、合弁花、 キク科、 キオン属(セネシオ属)、筒状花と舌状花をもつ。常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:80センチ
耐寒性はあって冬も葉をつけるが、高温多湿には強くない。 茎や葉が白い綿毛で覆われており、茎の下部は木質化する。
茎は直立し、上方で分枝する。
葉は広卵形で羽状に中裂し、互生する。
夏に、枝先に、舌状花と筒状花がともに黄色い 直径約1.5センチの小さい頭花を散形状に10個あまりつける。
そう果が実る。
地中海地方原産。

(2015/7/11)


茎や葉の全面が白い綿毛で覆われている。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る