シロバナサクラタデ

白花桜蓼

双子葉、離弁花、 タデ科、 イヌタデ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:0.5〜1メートル
湿った所に生え、根茎が地下で横に伸びて枝分かれする。
茎は直立してから分枝し、乾くと赤みを帯びる。
葉は長さ7〜16センチの披針形で、厚みがあり、 両面に短毛がある。 短い葉柄があって互生し、托葉が筒状の托葉鞘となっており、 その基部に縁毛がある。葉のつく節は赤みを帯びて膨らむ。
雌雄異種で、枝先に穂状花序を出し、 白いゴマ粒状の花を多数つける。 花被は長さ3〜4ミリで、開花すると先が5裂する。 (花弁は見えず、花弁状萼片が見える。) 雌花では花柱が、雄花では雄しべが花被より長い。
そう果は3稜形またはレンズ形で、光沢がある。

(2017/11/9)


花穂に小さな白い花が咲く。(2017/11/9)


花冠は5裂し、雄花では雄しべが突き出す。(2017/11/9)


(2017/11/9)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る