シャコバサボテン

蝦蛄葉サボテン

双子葉、離弁花、 サボテン科、 スクルンベルゲラ属、常緑、多肉植物、多年草(木本の性質もある)。 用語説明
花期:秋〜冬 10月〜1月
高さ:20〜50センチ
湾曲した茎の上半部が節(茎節)に分かれており、 先端の茎節が2個(ときには3個)に枝分かれして、伸びてゆく。 各茎節は肉厚で平たく、短い棘状の 突起が左右に数個ずつある。
古い茎節は木質化してゆく。
秋に先端の茎節に赤い筆先のような花芽がつき、 初冬に長さ約7センチの鮮紅色の花が咲く。 花弁は十数枚あり、薄くて反り返る。
希に花後に子房がふくらんで楕円形の肉質の果実となり、 ゴマ粒よりずっと小さい種子が出る。
ブラジル原産。原産地では岩や樹木に着生する。 寒さには弱い。



(2015/10/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る