セリバヒエンソウ

芹葉飛燕草

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 オオヒエンソウ属、越年草(1年草)。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜40センチ
茎は直立して上部で分枝し、白毛があり、稜がある。
根生葉は花期にはなくなる。 葉はセリに似ており、2〜3回3出複葉で、葉柄が長くて互生する。 小葉は長三角状で羽状に切れ込み、無毛で柔らかい。
枝先の総状花序に、長さ2センチぐらいで淡青紫色の花を数輪つける。 花弁状の萼片が5枚あって、その内側に小さい花弁があり、 その下に雄しべがある。 後ろに10ミリぐらいの細長い距が突き出し、 両脇の萼片が反り返り気味となり、飛んでいる燕を連想させる。 距は最上部の萼片の下部がのびたものである。
果実は3つに分かれた唐辛子のような袋果で、 熟すと黒褐色でらせん状模様のついた種子が飛び出す。
有毒植物。
同類の セリバオウレン は、小葉がセリの葉のように細かく切れ込む。
中国原産。



葉は2〜3回3出複葉。(2016/4/15)


茎先の総状花序に淡紫色の花が咲く。(2015/4/26)


後方で広がっているのは萼片で、その内側で前や上に向いていたりするのが花弁。(2015/4/26)


前に突き出ているもののうち、上向きの2つが上花弁、垂れている2つが下花弁。 (2017/4/28)


花は距が長い。左脇に見える3本の指のようなのは袋果。


先の尖った袋果が3方向にのびる。(2016/5/5)


茎には白毛があり、稜がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る