セントウソウ

仙洞草

双子葉、離弁花、 セリ科、 セントウソウ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:10〜25センチ
別名:オウレンダマシ
短い根茎があって、株立ちする。
葉は1〜3回3出羽状複葉で、紫色の葉柄があって、 多くは根生する。 小葉は切れ込みのある卵形や3角状などで、変異が多い。
根元から直立する花茎の先に、 小さな白い5弁花を複散形状につける。 雄しべは5本あって花弁より長く、柱頭は2裂する。
果実は3〜5ミリの楕円形で、 中に2つの分果が入っている。

紫色の葉柄が長い。(2016/3/16)


花は5弁で小さい。(2016/3/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る