センボンヤリ

千本槍

双子葉、合弁花、 キク科、 センボンヤリ属、筒状花の周りに舌状花がつく。多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月、秋 9月〜11月
高さ:春15センチ、秋60センチ
春と秋に細い花茎をのばし、葉も花も春と秋で異なる。
葉は根生葉でロゼット状になる。
春の葉は卵形で葉柄近くにくびれがあり、裏には白いクモ毛が 密生する。
春は約10センチの花茎をのばし、先に直径約1.5センチの 表が白くて裏が紫色を帯びた頭花が1つ咲く。 舌状花は白っぽくて数が少ない。
秋の葉は倒卵状長楕円形で、羽状に中裂する。
秋は30〜60センチの細い花茎をのばし、先に細長い総苞に 包まれた筒状花だけの閉鎖花を1つつける。
そう果が実ると淡褐色の冠毛が現れる。

秋のそう果。


冠毛は淡褐色。


春咲く花は小さくて、裏が紫色で表が白い舌状花が10枚ぐらい並ぶ。


春の葉は卵形で下部にくびれがある。(2010/4/8)


秋の葉は長楕円形で羽状に中裂する。(2017/10/3)


秋には閉鎖花ができ、開かないうちに冠毛が出てくる。(2015/10/8)


閉鎖花の蕾。(2015/10/8)


(2015/10/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る