サツマノギク

薩摩野菊

双子葉、合弁花、 キク科、 キク属、筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:秋 11月〜12月
高さ:25〜50センチ
鹿児島や熊本など、九州南部の海岸に生える。
茎は束生し、上部で葉腋から分枝する。 茎や葉に銀白色の毛が密生する。
葉は互生し、4〜6センチの広卵形で、羽状に中裂し、鋸歯があり、 裏にも銀白色の毛があるので、縁が白くなる。
枝先に直径4〜5センチの頭花を数個つける。 筒状花は黄色く、舌状花は白いものが多いが、淡紅色を 帯びるものもある。
果実はそう果。
園芸種の菊の原種の1つである。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る