ルピナス


双子葉、離弁花、 マメ科、 ルピナス(ハウチワマメ)属、1年〜多年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:0.4〜1メートル
根生葉は掌状複葉で、 長い葉柄の先に9〜13枚の長楕円形の小葉が輪状についている。 その掌状複葉が根元に複数個輪生する。
茎先から直立する長くて太い総状花序に、淡紅色や紫色の蝶形花を多数 密生させ、下から咲かせてゆく。
果期には、円柱形で枝豆のような豆果が花軸に多数くっつく。 豆果には毛があり、種子が5個ぐらい入っている。
多数の園芸品種がある。



長楕円形の小葉が輪状についた掌状複葉が根生する。


(2017/3/30)


青紫色の花もある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る