レタス


双子葉、合弁花、 キク科、 アキノノゲシ属、舌状花のみ。1, 2年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:30センチ、董立ちすると50センチ〜1メートル
別名:チシャ
冷涼な気候を好み、暑さには弱い。 秋に種を蒔いて春に収穫することが多いが、 ほぼ1年中栽培されている。
葉はうちわ形またはへら形で、互生する。 葉は柔らかくて、生食される。 葉や茎を傷つけると、白い乳液が出る。
春に董立ちして、舌状花のみからなる直径2センチぐらいの 黄色い頭花をつける。朝咲いて昼前にはしぼむ。
種子は扁平な紡錘形で白い。
レタスは通常結球するものを指し、結球しないものは リーフレタスと言われる。リーフレタスのうち、 葉が縮れて紅褐色を帯びるものはサニーレタスと言われる。 サニーレタスは1960年代に日本で作られたもので、 「サニーレタス」は和製英語である。
地中海沿岸、西アジア原産。

リーフレタス。(2016/4/16)


リーフレタス。(2015/5/16)


サニーレタス。


サニーレタス。


薹(とう)だちしたリーフレタス。(2016/7/28)


リーフレタス。(2016/7/28)


リーフレタス。舌状花のみの黄色い花が咲く。(2016/7/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る