レンゲソウ

蓮華草

双子葉、離弁花、 マメ科、 ゲンゲ属、2年草。 用語説明
花期:春 4月〜6月
高さ:10〜25センチ
別名:ゲンゲ(紫雲英)
茎は細くて地を這い、多数分枝して広がる。 葉は互生する奇数羽状複葉で、1〜1.5センチの倒卵形または楕円形の 小葉を9〜11枚もつ。葉裏に軟毛がある。
葉腋から立ち上がる10〜20センチの花茎の先に、 長さ1.5センチぐらいの薄紫色の蝶形花が 7〜10個輪状につく。
豆果はエンドウ豆のように細長いが、熟すと鞘が黒くなる。種子は腎形である。
水田の緑肥として植えられ、ミツバチの蜜源となる。
中国原産。



花茎の先に薄紫色の蝶形花が輪状に咲く。




奇数羽状複葉が互生する。


(2016/4/15)


茎が分枝して葉が地面を覆う。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る