ラセイタソウ

羅背板草

双子葉、離弁花、 イラクサ科 カラムシ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:30〜70センチ
海岸の岩場などに群生し、茎は四角で直立するが短く、 強風に耐えることができる。
葉は長さ6〜15センチの倒卵形で厚く、細かい鋸歯があり、対生する。 葉脈がへこんでちりめん状となり、表面はざらざらする。 葉の形は不揃いで、ゆがみがあったり、先に欠刻があったりする。 裏面には白い短毛が密生する。
下部の葉腋には、淡緑色で細長い穂状の雄花序がつき、 上部の葉腋には、赤みを帯びた雌花が球状に集まった太くて短い穂がつく。 花弁は見えない。
そう果ができる。
名前はラシャのポルトガル語に起因する。

細かい鋸歯がある。(2015/6/15)


葉はちりめん状で厚い。(2017/10/3)


葉は左右対称とは限らず、ゆがみや欠刻があったりする。(2015/6/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る