オウレン

黄連

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 オウレン属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:10〜20センチ(果期は40センチ)
別名:キクバオウレン
山地の針葉樹などの林内などに生え、 太い根茎が横にのびて、常緑の群落をつくる。
葉は長い柄のある3出複葉で、小葉は広卵形で3裂し、 欠刻状の鋸歯がある。 葉はほとんど全部根生し、茎葉は目立たない。
雌雄異株で、 地中からのびた花茎が伸びて分枝し、 その先に直径1センチぐらいの白い花を2〜3個横向きにつける。 長い花弁状萼片が5〜7枚あり、 それより小さいへら形の花弁が5〜6枚ある。 雌花には暗紫色を帯びた角状の雌しべが8個ある。 雄花には線状の雄しべが多数ある。
花後に茎が40センチぐらいにのびて、 先の開いた長さ1〜1.5センチの細長い袋果が輪生する。
根茎は生薬として利用される。
同類の セリバオウレン は、小葉がセリの葉のように細かく切れ込む。

花径の先に袋果が輪生する。(2015/5/6)


白くて長い花弁状萼片と小さいへら状の花弁、ならびに角状の雌しべがある。(2016/3/16)


裏から見ると、白くて長いのは萼片であることがわかる。(2016/3/16)


花後に茎が高くのびる。(2016/3/16)


細長い袋果が輪生状に並ぶ。(2016/5/5)


袋果の先は開いている。(2016/4/15)


葉は3出複葉で、小葉はキクの葉のような広卵形で3裂し、欠刻状鋸歯がある。(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る