オランダガラシ

オランダ芥子

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 オランダガラシ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:30〜50センチ
別名:クレソン
水辺に群生し、 茎の下部からひげ根を出す。 繁殖力が旺盛で成長が早い。
葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は卵形〜楕円形である。
茎先の総状花序に、直径6ミリぐらいの白い4弁花を 密集して咲かせる。
長さ1〜2センチの円柱状の長角果をつける。 直径約1ミリの球形の種子を含む。
少し辛みがある。



総状花序に白い4弁花が咲く。


葉は奇数羽状複葉で、小葉は楕円形。


円柱形で先の細くなった長角果が上向きに湾曲する。


奇数羽状複葉の根生葉がクレソンとして食用にされる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る