オオハンゴンソウ

大反魂草

双子葉、合弁花、 キク科、 オオハンゴンソウ属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:1〜3メートル
茎は叢生し、上部で分枝する。 種子だけでなく地下茎でも繁殖し、群落をつくる。
下部の葉は柄が長くて掌状に5〜7深裂し、上部の葉は柄がないか短くて、 互生して3深裂〜3浅裂する。 葉には毛がある。
枝先に直径6センチぐらいの黄色い頭状花を1個つける。 花心部分の淡黄褐色の筒状花が半球状に盛り上がり、 それを取り巻く舌状花は8〜14枚あり、黄色で細長く、 先が少し垂れる。
そう果は冠毛が突起状になっている。
地下茎から発芽を抑制する物質を分泌し、 他の植物を排除しようとする。 北米原産で、繁殖力が強いので、特定外来種に指定されている。

筒状花は半球状に盛り上がり、黄色い舌状花は先がすこし垂れる。Photo by H. O.


上部の葉は3つに裂ける。(2009/9/17)


下部の葉は掌状に5〜7深裂する。(2010/4/14)


花後はそう果が球形に集まる。(2009/9/17)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る