オキナワスズメウリ

沖縄雀瓜

双子葉、合弁花、 ウリ科、 オキナワスズメウリ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
暖地に生えるつる植物で、巻きひげでからむが、 巻きひげは途中で2つに分かれる。
葉は直径約10センチの心形で、 葉身は掌状に5〜7中裂する。 裂片は卵状披針形で、先がとがり、細鋸歯がある。 葉は柔らかいがざらつく。
葉腋から雄花と雌花が束生し、花は直径約1センチで黄色く、 萼も花冠も5裂する。花冠の縁には毛がある。
直径約2センチの丸い液果ができ、白い縦縞があり、 熟すと赤くなる。
近縁のスズメウリは、花は単生し、 果実は熟すと灰白色になる。
有毒。

(2017/9/30)


葉は掌状に5〜7裂する。(2017/8/26)


丸い液果ができる。(2017/8/26)


花や果実は葉腋にいくつかつく。花は黄色い。(2017/8/26)


巻きひげは葉腋について、途中で2つに分かれる。(2017/8/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る