ヌスビトハギ

盗人萩

双子葉、離弁花、 マメ科、 ヌスビトハギ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.6〜1.2メートル
茎は細くてかたく、株立ちする。
葉は長い葉柄のある3出複葉で互生し、 小葉は先のとがった卵形〜長卵形で、 頂小葉は長さ4〜8センチあり、柄もある。
茎先に数本の細長い総状花序を出し、 淡紅色の蝶形花をまばらにつける。
豆果は種子と種子の間がくびれた節果で、 長さ5〜7ミリの半月形の小節果が2つ並ぶ。 節果の表面には鉤のついた短毛があり、 衣服などにくっつく。





(2015/9/19)


茎に毛がある。(2016/10/5)


(2015/9/19)


3出複葉は互生し、葉柄は長く、頂小葉には柄がある。




茎は細くて固く、葉ができるだけ広がるように角度を変えて枝を出す。(2016/7/28)


豆果では半月形の小節果が2つ並ぶ。


節果は通常2つだが、1つの場合もある。


節果は熟すと赤みを帯びる。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る