ナズナ



双子葉、離弁花、 アブラナ科、 ナズナ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:10〜40センチ
別名:ペンペングサ
茎は細長く、直立する。
根生葉はロゼット状で羽状に深裂し、裂片は細長い。 茎葉は互生し、線状被針形で基部が茎をいだく。
茎先に総状花序を出し、 直径約3ミリの白い4弁花を多数つけ、下から順番に咲いてゆく。 無限花序で、下のが稔っている時にも、上で次々と蕾を作ってゆく。
果実は三味線のバチのような長さ6〜7ミリの倒三角形の 短角果であり、先端の真ん中がへこむ。
春の七草の1つである。



総状花序に白い4弁花が咲く。


果実が三味線のバチのような形なのでペンペングサとも言う。


茎が高くのびる。


(2017/4/28)


茎の上部で互生状に分枝する。(2017/4/28)


根生葉は羽状に深裂し、茎葉は線状被針形で互生して茎を抱く。


冬を越した根生葉は傷んでいる。(2015/3/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る