ナツシロギク

夏白菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ヨモギギク属 舌状と筒状花をもつ、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:30〜80センチ
別名:マトリカリア
耐寒性のある多年草であるが、高温多湿に弱いので、 日本では、秋まき越年草として扱われることが多い。
茎は直立してよくふえ、上部でよく分枝する。
葉は互生し、2回羽状に深裂する。 葉に柑橘系の香りがある。
枝先に散房状に咲く頭花は、直径1.5〜2センチで、十数枚の白い舌状花と、 黄色くて半球状に盛り上がった筒状花の集まりからなる。
果実はそう果。
ヨーロッパの民間薬として、またハーブとして利用されている。
バルカン半島周辺原産。

白い舌状花が十数枚あり、中央部の黄色い筒状花はまるく盛り上がる。(2015/7/2)


枝は上部でよく分枝する。(2015/7/2)


葉は掌状に裂け、その裂片はさらに裂ける。(2017/6/3)


茎は叢生する。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る