ナギナタコウジュ

薙刀香需

双子葉、合弁花、 シソ科、 ナギナタコウジュ属、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30〜60センチ
茎は直立し、4稜があり、軟毛がまばらに生え、対生状に分枝する。 全体に強い香りがある。
葉は葉柄が長くて対生し、3〜9センチの狭卵形で鋸歯があり、先がとがる。
枝先に長い花穂を出し、約5ミリの淡紅紫色の唇形花を 一方向にそろえて密につける。丸い苞があって、数個の花を 下から支えている。花冠の縁は細かく裂ける。 蕾のとき、萼がV字形に開いて見える。
果実は倒卵形の4分果で、香気のある萼に包まれている。

淡紅色の花が横向きに咲く。Photo by H. O. (2003/10/10)


葉は先のとがった狭卵形で鋸歯がある。Photo by H. O. (2001/10/26)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る