ムギワラギク

麦藁菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ムギワラギク属、筒状花のみ。1年草(原産地では常緑低木)。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月(秋まき)、6月〜8月(春まき)
高さ:50〜90センチ
別名:テイオウカイザイク
茎は直立してかたく、上部で枝分かれする。株は横広がりにならない。
葉は被針形で全縁であり、互生する。
花は枝先に単生し、直径3〜5センチあり、開き初めは多数の花びらが 半円球状に厚く折り重なっているように見える。 花びらのように見える部分は舌状花ではなく、総苞片であり、 本当の花は開きはじめには覆われていた中心部にある。 総苞片には金属光沢があり、白、黄色、オレンジ、紅色などの種類がある。 筒状花は黄色い。
そう果は円柱形で5稜があり、冠毛がある。
花はカサカサしている感じで、花持ちがよく、ドライフラワーを作りやすい。
オーストラリア原産。

花弁のように見えるのは総苞片で、手を触れるとかさかさしている。


筒状花のみで、舌状花はない。




葉は全縁の被針形で、互生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る