モミジガサ

紅葉傘

双子葉、合弁花、 キク科、 コウモリソウ属、花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:90センチ
別名:シドケ
林内に群生することが多く、 茎は太くて直立する。
葉は直径15〜20センチの掌状に5〜7深裂し、粗い鋸歯があり、 葉柄が長くて互生する。
茎先の円錐花序に白くて細長い頭花をまばらにつける。 頭花は5つの筒状花の小花からなり、総苞は筒状で花冠は5裂し、 花柱の先は2つに分かれて強く反り返る。
そう果は長さ約5ミリで、白い冠毛がある。
開花前の太い茎を山菜として利用する。

(2015/7/2)


大きなモミジ葉のような葉が林床に広がる。(2016/5/5)


白い花を円錐花序にまばらにつける。(2015/7/2)


小花は筒状花。(2017/11/9)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る