モミジアオイ

紅葉葵

双子葉、離弁花、 アオイ科、 フヨウ属、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:1.5〜2メートル
茎はかたくて直立し、表面に粉がある。
葉は互生し、葉柄が長く、 葉身は大きなモミジ葉のように深く5裂する。
葉腋から数個の蕾がついた花茎をのばし、 直径15センチぐらいの大きい赤い花を咲かせる。 花弁は5枚で互いに離れている。
雄しべと雌しべが途中まで合着したものが花からつきだし、 5つに分かれた雌しべの下に雄しべが並ぶ。
一日花であるが、次々と咲く。
果実は楕円形の刮ハで、熟すと5裂する。
北アメリカ原産。



合着した雄しべと雌しべが花からつきだす。


葉はモミジのように掌状に深く切れ込み、葉柄が長い。


(2015/10/28)




蕾。(2016/8/6)


咲きかけ。(2016/7/28)


刮ハは楕円形。(2017/10/26)


刮ハが割れて丸い種子が現れる。(2016/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る