ミズタマソウ

水玉草

双子葉、離弁花、 アカバナ科、 ミズタマソウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:20〜60センチ
木陰などに生え、細い地下茎がある。
茎は直立し、細毛がある。
葉は先のとがった長卵形で対生し、浅い鋸歯がある。
茎先や上部の葉腋から出る総状花序に、 白〜淡紅色の小さい花をつける。 萼、花弁、雄しべは2個ずつあり、 子房にはカギ状の毛が密生する。
直径3〜4ミリの広卵形の堅果が黒褐色に熟し、 それには先がカギ状に曲がった毛が密生する。

(2017/11/9)


葉は長卵形で対生する。(2017/11/9)


堅果には先の曲がった毛が密生する。(2017/11/9)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る